GoogleApps利用者がハマるお問い合わせフォームからメールが届かなくなる問題

BLOG

GoogleApps利用者がハマるお問い合わせフォームからメールが届かなくなる問題

今の時代、企業活動に欠かせないGoogleサービス

しかし社員がバラバラのxxx@gmail.comを使うのは、管理もできないのでナンセンスです。

そこでGoogleがグループウェアとして提供しているのがGoogle Apps for Work

これを利用すれば独自ドメインでGoogleの各種サービスを利用することができます。

もちろん使い慣れたGmailにメールソフトを変更することだってできてしまいます。

 

ドメインのMXレコードを変更すればOK

ドメイン所有権の確認と Gmail の設定(MX レコード) – G Suite 管理者 ヘルプ

MX レコードを使用してドメインの所有権を確認し、メールを設定する 新しい G Suite アカウントの設定を完了してください。G Suite 設定ウィザードで

メールソフトをGmailに切り替えるためには、MX レコードにGoogleメールサーバーを参照させる必要があります。そこでドメインのユーザーアカウントをホストしているサーバーのDNSレコード設定からMXレコードを変更します

 

これで晴れて、独自ドメインをGmailで使えるようになりました!

しかしここで問題がひとつ

 

 

お問い合わせフォームからメールが届かなくなります。

 

 

メールの送受信がサーバー内部で完結している

ホームページ制作(Webサイト制作)では必ずと言っていいほど設置するお問い合わせフォーム

これはお問い合わせがあった時にその内容をサーバーから設定されたメールアドレスに送信されるというものです(自動返信の設定をする場合もあります)

 

メールなのでFromとToがあるわけなのですが、お問い合わせフォームではFromとToが同一ドメインになる場合が多い。

FromとToが同一ドメインであると、メールの送受信のやりとりがサーバー内部で完結してしまうので、メールソフトをGmailに設定してGoogleメールサーバーを参照させている場合は送信されないというわけです。

 

解決策はいくつかあり?

一番手取り早いのが、サーバー内部の完結を防ぐためにお問い合わせフォームに利用する送信先ドメインだけ、別ドメインにしてしまうことです。

しかしお問い合わせフォーム専用の別ドメインが必要になったりと管理が非常に面倒になってくるのでオススメしません。

 

次の解決方法がメールソフトにGmailを使うのをやめるという方法。というか諦める選択。

GoogleAppsに登録してあるメールアドレス(アカウント)のうち、お問い合わせフォームに使用しているメールアドレスだけをGoogleApps登録から外しても、当然送信エラーで跳ね返ってきます。なのでGmailは諦めるのがいい?

 

これら2つの解決策は根本的な解決になっていません。

そこで次に登場する解決策がウェブサイトのホストサーバーで実行しているメールエージェントがドメイン名のメールを処理しないように設定する方法

会社の問い合わせフォームから同一ドメイン(GoogleAppsで管理)にメールが届かなかった問題 – Qiita

会社のサイトの問い合わせフォームから、会社のメールアドレス(Google Appsで管理)に問い合わせ内容メールを送りたかったのですが、届かなくて困ったので記載しておきます。 環境 今回の環境は ・VPS ・メールはGoogleAppsを利用 ・WordPressを設置 ・問い合わせフォームとしてContact Form 7を利用 です。 起こった問題と状況 問い合わせフォームからのメールを会社のメールアドレスで受信できませんでした。 ですが、Gmailなど…

ここでまとめられています。

これでサーバー内部でメールの送受信が完結せずに外のサーバーにはき出され、お問い合わせフォームからの送信はGmailに送信されるようになります。めでたしめでたし!

 

Analyticsの導入などクライアントからの注文も多いGoogleサービス。

GoogleAppsにドメインを割り当てたはいいもののお問い合わせフォームから送信できない!なんてことにならないようにホームページ制作会社は注意が必要です。