ご依頼・ご相談はこちら
テレワーク

テレワーク対応の労務管理ツールの選び方とおすすめツールを紹介

以前より働き方改革で推進されていたテレワークですが、新型コロナウイルスの流行により、実際に導入する企業が急速に増加しました。感染予防のためにテレワーク導入が進んだ一方で、従来とは異なる従業員の労務管理を行わなければならない問題が出てきます。そんな中でも労務管理をスムーズにしてくれるのが、労務管理ツールです。今回は、テレワークに対応する労務管理ツールの選び方とおすすめツールを紹介します。

テレワークにおいて労務管理が問題となる理由

労務管理は、テレワークを導入する上で問題となるケースが多く見られます。その理由としては主に以下の2つが挙げられるので確認しましょう。

労働時間や業務の評価基準が曖昧になりやすい

従業員が同じ社内にいれば、労働時間を把握することは容易です。しかしテレワークでは、各自が自宅で業務にあたるため、労働時間の管理や把握がしづらい問題が発生してしまいます。

労働時間に加えて、従業員の業務内容の評価体制も、従来の方法ではテレワークに対応するのが難しいケースが多くなるでしょう。同じ部署で働く従業員全員とのコミュニケーションもしづらくなるため、評価基準そのものも曖昧になりやすい点も問題です。

長時間労働になりやすい

テレワークでは、個々人に時間の管理が求められます。オフィスで働く環境とは異なり労働時間の管理や把握が難しいことから、気づくとつい長時間労働を行ってしまう社員も出てしまいがちです。テレワークであっても、長時間労働は労働基準法違反になりかねないので、避けたいところです。

テレワーク向け労務管理ツールの選び方

テレワークで問題になる労務管理を解決するには、労務管理ツールの導入がおすすめです。現在、多くの労務管理ツールが提供されていますが、その中から自社に最適なツールを導入するには、下記の選び方を押さえておきましょう。

労働時間の記録と作業状況の確認ができるか

テレワークのための労務管理ツールを導入するにあたり必ず確認しておきたいのが、労働時間の記録機能の有無です。テレワークでは、労働時間の管理と把握が問題になりやすいので、こちらの機能は必要不可欠といえます。フレックス制など勤務体系に合わせて記録できるかどうかは労務管理ツール選びではずせないチェックポイントです。

また、作業状況を確認できる機能が搭載されているかどうかも確認しておきましょう。とくにテレワークでは在席の有無が把握しづらいという問題があります。在席しているかどうか、社員がどこにいるかGPSで確認できるなどの作業状況確認機能の有無は、労務管理ツールにおいて重要な機能の1つです。

給与計算・人事システムとの連携ができるか

人事管理や給与計算は、労働時間や作業状況と密接に関わる分野です。これらの業務に携わる社員の負担軽減と作業効率化のために、先述の労働時間や作業状況が人事や給与計算と連携できる機能があるかどうかも、ツール選びのポイントになります。

この機能があれば、労働時間を記録すれば自動的に給与計算や有給計算などにリンクしてくれるので、大幅に手間が省けるでしょう。

テレワークにおすすめの労務管理ツール

労務管理に使えるツールには無料のものもありますが、機能が豊富でおすすめなのは以下に挙げる3種類の有料ツールです。

誰でも使いやすい「ジョブカン勤怠」

「ジョブカン勤怠」は、テレワークに限らず時差出勤を実施する際の勤怠管理にも便利なツールです。導入の難易度が低いことが大きな魅力で、初めて労務管理ツールを使用する人でも直感的に機能を活用できます。打刻にはパソコンやタブレットなどのほか、スマホアプリ「LINE」やGPS機能が使えるので、どのような環境や働き方でも打刻しやすいでしょう。

休暇申請や承認フローも容易にでき、シフト管理や工数管理、勤務状況の自動集計機能なども利用できます。

オプションが豊富「jinjer勤怠」

クラウド型の労務管理ツール「jinjer勤怠」は、人事に関するデータの一元管理やさまざまな勤務形態に対応する多彩な機能を搭載しています。大きな特徴は、従業員のコンディションを管理できるといったオプションが豊富という点です。

複数のプランを選択でき、必要なオプションを選択して使用可能。自社の環境や従業員の勤務形態などに合わせて導入できるメリットがあります。

他の労務管理システムと連携可能「KING OF TIME」

勤怠管理に特化したツール「KING OF TIME」は、パソコンやスマホでの打刻のほか、パソコンのログインとログオフで出退勤時刻を打刻できるなど、テレワークに最適な機能を搭載。

また、他の労務管理システムや給与ソフトとの連携が可能なので、既存のシステムでも「KING OF TIME」のデータを使用できるのが大きな特徴です。本ツールで作成したデータも簡単に帳票として出力できます。

まとめ

従業員の労務管理は、人事や給与計算にも関わります。テレワークを進めるのであれば、労務管理ツールを導入するだけでも、社内勤務と同様にスムーズに業務を進めやすくなるでしょう。