ご依頼・ご相談はこちら
WEBマーケティング

アクセス解析でわかることとは?サイトの改善方法を見つける!

サイト運営時にアクセス解析は使っていますか?使っていても、きちんと活用できていないという方もいるかもしれません。アクセス解析をすることで、サイトの改善方法が見つかります。ここではアクセス解析でわかることやツールの活用方法を紹介します。

アクセス解析でわかることとは?

サイト運営者にとって、アクセス解析でわかるデータは大きな味方です。アクセス解析のデータを活用することができれば、サイトの成果につながるのです。効果的なデータ活用をするためには、まずアクセス解析でわかることを確認していきましょう。

サイト訪問者の分析ができる

アクセス解析をすると、サイトへの訪問者数や行動のデータがわかり、そのデータを元に分析することができます。具体的には、自分が運営しているサイトの訪問者が、訪問するきっかけとなった経由ルートやサイト滞在時間、離脱したページなどを詳しく知ることができるのです。訪問者の数値結果を把握することで、正確なサイト分析ができるようになるでしょう。

PV数やユーザーの行動データを把握できる

アクセス解析で重要な指標となるPV(ページビュー)数は、サイトが何回閲覧されているかを確認できる指標です。PV数が多いか少ないかを把握するだけでも、アクセス改善の方向性がわかります。

さらに、ユーザーの行動データを把握することもできます。例えば、サイトでの平均滞在時間や、最初のページ(ランディングページ)で離脱してしまう「直帰率」がわかるため運営サイトのどこに問題があるのか確認できるのです

アクセス解析の活用方法

アクセス解析で把握したデータはただ確認するだけではなく、活用することが重要です。ここでは運営サイトの改善方法を見つけるためのアクセス解析ツールの活用方法を紹介します。

PDCAサイクルを回し、課題点を見つける

アクセス解析をしたいと考えている場合、少なからず運営サイトのPV数が少ない、売上が上がらないなどの課題を感じているはずです。仕事と同じように、アクセス解析にも「PDCAサイクル」が存在しますので、アクセス解析をして課題を抽出し、仮説を立てるところから始めることが重要です。PDCAサイクルとは、「Plan(計画)」、「Do(実行)」、「Check(評価)」、「Action(改善)」のサイクルのことで、計画をたてて実行し、行動を評価・検証し、改善するという施策のこと。「PDCAサイクル」の回すというのは、一度サイクルを回した後に、改善から計画につなげて繰り返すことです。PDCAサイクルを回すことで、サイト改善につながる課題点を見つけることができるのです。

その時に注意すべきなのは、先入観にとらわれないことです。例えば「直帰率が高いからランディングページのみに問題がある」というように決めつけてしまうと、訪問前にユーザーが思っていたサイトと違ったため離脱しているという可能性を見落としてしまうなど、他の課題点を把握することが難しくなってしまいます。複数の課題点を見つけるという前提で、アクセス解析を進めるようにしましょう。

課題点を見つけて、CVRを高める

課題点が見つかったら、改善が必要な順に、優先順位を決めて、計画を1つずつ実行していくようにしましょう。最終目標はCVR(コンバージョン率)を高めることです。CVRは、サイトを訪れた人のうち、商品の購入や特定のアクションなどの成果につながった人の比率を表します。

アクセス解析では、定量で効果検証を行い、次の課題を見つけることが重要です。例えば、CVRが悪い場合に、どのページでユーザーが離脱しているかを数値化し、課題ページを特定します。そのページの内容やユーザーがどのページを経由して移動してきているかを確認することで、サイト改善における課題点を見つけられるのです。その成果としてCVRを高めることに繋がります。

実際の解析ツールと効果的な使い方

アクセス解析をするにあたっては解析ツールを使う必要があります。ここでは主なアクセス解析ツールとその効果的な使い方を紹介します。

Google Analytics

Google Analytics(グーグルアナリティクス)は、企業の約83%以上が導入している無料の解析ツールです。ユーザーがサイト内に入ってからの行動の確認、分析」します。「ユーザー」メニューでPV数などを確認したり、ユーザーのデバイスがPCかスマホかなども確認できたりします。これによって、PV数が少ないページの内容の改善や、他のページからの移動経緯から課題点を特定可能です。また、ユーザーがPCとスマホのどちらでサイトを見る機会が多いかによって、サイト全体の見え方やメニューの配置などの画面設計から、サイトの見やすさやCVRの効果分析もできます。

「ユーザー/サマリー」からは、サイト全体のセッション数(訪問数)を確認できるので、直帰率を把握することができます。また、「行動」からは、ユーザーがどのページで離脱したかという「離脱率」が確認でき、課題の抽出に役立ちます。さらに、「コンバージョン」では、CVRについて確認可能です。

Google Search Console

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)は、以前「ウェブマスターツール」という名称で提供されていた無料の解析ツールです。主に「ユーザーがサイト訪問前にどういう行動をしていたかの確認、分析」に用います。

「検索アナリティクス」では、Googleの検索結果に表示されたキーワードやクリック率がわかるので、SEOで表示させたいキーワードのクリック率を検証することができます。ユーザーがどういった認識を持ってサイト訪問したのかを確認することが可能です。

また、「クロール」からは、ページごとのエラーを確認することができます。さらに、Googleに認識されていないページがある場合は、認識してもらえるようにリクエストすることもできるので、SEO対策としても重要なツールと言えます。

2つのツールを連携して併用しよう

Google AnalyticsとGoogle Search Consoleには、連携機能があり、併用することで効果を上げることができます。それぞれの役割として、Analyticsが「サイト訪問後の分析」、Search Consoleが「サイト訪問前の分析」をしているので、ユーザーの行動を一貫して把握することが可能です。

2つのツールを連携すると、Analyticsの「レポート」からSearch Consoleの「レポート」を見ることでき、ユーザーの検索キーワードを確認できます。これにより売上に貢献したキーワードが特定でき、そのキーワードを意識したサイト構成に変更すれば、さらなる売上拡大につなげることができます。

その他にも、サイト訪問前と訪問後のユーザーデータを連携して、ページごとに分析することも可能です。具体的には、あるページの訪問前にどのキーワードを検索していたかをSearch Consoleで分析し、訪問後の直帰率やどのページへ移動して離脱したのかをAnalyticsで数値化します。つまり、ユーザーが何を求めてサイトへ訪問し、何が原因で離脱したのかを分析することができるのです。2つのツールの連携は、サイトの課題を見つける切り札となるでしょう。

まとめ

アクセス解析は、サイト運営者にとってメリットが大きいと言えます。課題を見つけて、PDCAサイクルを回すことで、必ず改善のヒントが見つかります。アクセス解析ツールを効果的に使用して、サイトの改善方法を見つけましょう。