ご依頼・ご相談はこちら
WEBマーケティング

インスタグラムマーケティング手法とは?メリットや活用方法も紹介

インスタグラムは、2019年6月時点で”国内の月間アクティブアカウント数が3300万を突破”(引用:Instagramの国内月間アクティブアカウント数が3300万を突破 – Facebookについて)と発表しています。世界中で利用されているだけではなく、日本でも若者を筆頭に多くのユーザーが日常的に使用しているのがインスタグラムです。

そのため、企業もインスタグラムを用いたマーケティング手法を活用するのが当たり前の時代となってきました。

しかし、中にはインスタグラムマーケティングを上手く使いこなせなかったり、親和性が低い企業が参入しプロモーションに失敗していたりするという事例もあるでしょう。そこで今回は、正しいインスタグラムマーケティングの活用方法を紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

インスタグラムマーケティング手法とは

インスタグラムマーケティングとは、インスタグラムを用いて企業のブランディングや商品の紹介・販売促進などのプロモーションを行う手法。

インスタグラムは、若い女性を中心に流行した「インスタ映え」する、フォトジェニックな画像を投稿できることが特徴です。そのため、コスメ・アパレル・飲食店などの企業がインスタグラムマーケティングに参入することが多くなっています。また、魅力的な画像を用いて企業の採用活動に活用することも可能です。

インスタグラムマーケティング手法のメリット

インスタグラムマーケティング手法を活用する3つのメリットを紹介します。

「ハッシュタグ」で効率的に宣伝できる

インスタグラムは、投稿に「#(ハッシュタグ)」を付けられることが特徴の1つ。ユーザーは、ハッシュタグを用いて画像の検索を行います。企業側は、ターゲットにマッチしたハッシュタグを投稿に設定するだけで、狙いを定められ効率的に宣伝が行えるのです。

インスタグラムの検索は、複数の単語を組み合わせての検索が行えません。そのため、ハッシュタグには固有名詞やインスタならではの表現が用いられます。また、ターゲットに適したハッシュタグを設定すると共に、ユーザーが心惹かれるフォトジェニックな画像を合わせて投稿することがポイントです。

よい画像が投稿されていたとしても、ハッシュタグの設定を誤ってしまうとターゲットに見てもらえないため、ターゲットがどのようなハッシュタグを用いて検索をかけるのかリサーチすることも必要です。

クオリティの高い画像で商品を宣伝できる

インスタグラムは他のSNSと比較して、画像の加工機能が充実しているのが特徴。そのため、容易にインスタ映えするクオリティの高い画像を用いて、企業の商品などを宣伝できるのです。

そして、フォトジェニックな画像に惹かれたターゲットは、「自分もこの商品を購入して素敵な写真を投稿したい!」という気持ちになり、販売促進につなげられます。

インスタグラムマーケティング手法を活用する3つの方法

では、どのようにインスタグラムマーケティングを活用していけばいいのか、3つの方法を解説していきます。

1.インフルエンサーを活用する

インスタグラムのフォロワー数が多い、芸能人やモデルなどの投稿で影響力のあるインフルエンサーを活用することが1つの手です。また、趣味やフォトジェニックな写真を生かして、インスタグラマーとして多くのフォロワー数を誇り活躍している主婦や学生などの一般の方もたくさんいます。

こういった影響力のある方を起用し商品やイベントを宣伝してもらうことで、ターゲットに販売促進などの影響を大きく与えられるのです。

例えば、コスメ・洋服・グッズ・旅行などの商品やサービスをインフルエンサーに実際に使用してもらうことで、ターゲットに親近感や共感を与えられるため、よりプロモーション効果が期待できます。

インフルエンサーを起用する際には、その人のフォロワーがどういう層なのかも確認し、今回のターゲットに適しているのかをチェックしておくことがポイントです。

インフルエンサーを起用する3つの方法

インフルエンサーを起用する方法は次の3つです。

・直接インフルエンサーに依頼する

中間業者がいなため低コストでスピーディーに依頼を行えますが、交渉など自社で全てのことを行う必要があります。

・インフルエンサーマーケティング会社に依頼する

業務を委託し、専門コンサルタントがキャスティングから全て対応してくれます。そのため、インフルエンサーマーケティングに慣れてない場合でも安心。

・マッチングサービスを利用する

登録されているインフルエンサーの中から、マッチした人をスムーズに起用できますが、紹介料やサービス利用料が必要。また、インフルエンサーとのやり取りや、マネジメントなど自社で行います。

2.インスタグラムの広告を活用する

インスタグラムは、広告をタイムライン上に掲載できる機能があります。広告を表示させたいユーザーの年齢・性別・地域を指定できるため、効率的にマーケティングが行えるのです。

また、インスタグラム広告は、通常の投稿と見た目がほとんど変わりがないため、広告を目にしたターゲットに「これは広告だ」と意識させることなく、自然に公式HPなど指定のリンクへ誘導させやすいでしょう。

3.キャンペーンを実施する

インスタグラムはSNSであるため、ユーザー参加型マーケティングを行いやすく、キャンペーンを実施することも一つの活用方法です。例えば、「指定のハッシュタグを付けて投稿することでプレゼントキャンペーンに応募できる」といった事例が挙げられます。

ハッシュタグを付けるだけで、ユーザーはキャンペーンに参加できるため、参加へのハードルが低いです。また、企業やキャンペーンならではの特別なハッシュタグを用いることで、キャンペーンが話題になればブランディングにもつながるでしょう。

まとめ

インスタグラムマーケティング手法に関して紹介しました。TwitterやFacebookなど他のSNSもマーケティング手法として活用されていますが、インスタグラムマーケティングならではのメリットや活用方法を理解してもらえたのではないでしょうか。

今や、世界中で若者の日常の一部となったインスタグラムを上手く活用し、企業のマーケティングを成功させてください。