ご依頼・ご相談はこちら
インターネット広告

YouTube広告はターゲティングでより高い広告効果を図ろう

さまざまなメリットがあることから注目されているYouTube広告ですが、ブランドの認知や商品やサービス購入の見込み客獲得の鍵はターゲティングにあるといわれています。今回は、YouTube広告に関する基礎的な部分からターゲティングの一覧やポイントとなる項目についてもお伝えします。YouTube広告の導入を考えている人は参考にしてみてください。

YouTube広告の仕組みについて

YouTube広告の仕組みはどのようになっているのでしょうか?まず課金方法ですが、クリック数で料金が決定するリスティング広告などとは違い、YouTube動画広告は視聴時間によって課金される方法がメインです。そして課金は、ユーザーが広告動画を30秒間(30秒未満のものの場合は最後まで)見た場合や、広告をクリックするなどの反応を示した場合などに行われます。

また、広告料金は1回の視聴で10円~数十円に設定でき、1日1,000円までしか広告費用をかけないようにすることもできるため、比較的低予算から参入できます。YouTube広告を配信するには、Google AdwordsというGoogleのサービスを使用します。「TrueView」というのが、YouTube広告の正式な名称です。

YouTube広告の種類

YouTube広告の種類は大きく3つあります。インストリーム広告、ディスカバリー広告、バンパー広告です。

インストリーム広告は、動画の前後や途中に表示される広告で、5秒経つとスキップできるものと15秒以上経たないとスキップできないものに分かれます。ブランドの認知度を上げたり、商品やサービス購入の見込み客を得たりするのに向いています。

ディスカバリー広告は、動画内ではなく、動画一覧にサムネイルとテキストを表示するものです。ユーザーが他の商品との比較のために興味を持つことを想定した広告なので、YouTube広告のなかでも購入へのアクションに繋がる可能性が高いでしょう。

バンパー広告は、インストリーム広告と同じく動画の前後や途中に表示される広告で、6秒はスキップできないようになっています。6秒の広告でインパクトを与えられると、新たな顧客への興味付けにもなります。

YouTube広告の要となるターゲティングとは

YouTube広告は、狙いを定めたユーザーが見るように設定ができます。これにより、PRしたい商材やサービスに対して潜在的な興味を持っている人に直接アピールできる可能性が上がり、目標とする効果が得やすくなったり、無駄な広告費が削減できたりします。

YouTube広告のターゲティング一覧

こちらの項目では、You Tube広告のメインとなるユーザーに関するターゲティングを紹介します。

基本的な設定

  • 年齢…18歳以上から始まり、「18~24歳」「25~34歳」「35~44歳」「45~54歳」「55~64歳」「65歳以上」「不明」の7つの区分で年齢を設定できます。
  • 性別…男性・女性・不明から選べます。
  • 教育…現役の大学生、高校卒、学士号、大学院卒から選べます。
  • 配偶者の有無…独身、既婚、交際中から選ぶことができます。
  • 子どもの有無…子どもの有無とともに、「0~1歳の幼児」「1~3歳の幼児」「4~5歳の幼児」「6~12歳の小学生」「13~17歳」の5つの区分で子どもの年齢を絞ることができます。
  • 住宅所有状況…住宅を所有しているのか、借りているのかから絞れます。

獲得目的

  • リマーケティング…一度サイトを見たことがあるユーザーか、YouTubeチャンネルにある動画を再生したユーザーに対するアプローチができる。
  • 購買意欲の強いオーディエンス…そのカテゴリについて検索を行っているなど、購入の意志を持っていると思われるユーザー。
  • カスタムインテントオーディエンス…購買意欲の強いユーザーのなかでも、特定のキーワードに関心を示している。

認知目的

  • 類似ターゲティング…サイト訪問はしていないものの、リマーケティングユーザーと近いことに興味を持っている。
  • アフィニティカテゴリ…Googleが決めたカテゴリに対して、興味があるユーザーにアプローチできる設定。
  • カスタムアフィニティカテゴリ…アフィニティカテゴリで決められているカテゴリを自分で設定することができるもの。キーワードやURLによって決められます。
  • ライフイベント…大きなライフイベントを控えているユーザーに対して広告を配信できる。9つのイベントから選べます。

YouTube広告のメリット・デメリット

YouTube広告の利用について考えていくにあたり、ここでは、どのようなメリットとデメリットがあるのかをお伝えします。

YouTube広告のメリットとは

まずはYouTube広告のメリットです。YouTube広告は、静止画とは違って、音楽や動きのある広告が作れます。これにより、視覚とともに聴覚にも訴えかけることができるので、ユーザーにとって理解しやすく、記憶に残りやすい広告が作れます。

また、実際どれぐらい再生されているのか、かかる費用や予算などについても確認することができます。このデータを分析することで、より高い広告の効果を図って広告をバージョンアップしていくことも可能です。

そして、ここに関連してくるのが、狙ったユーザーに向けて配信が可能になることです。年齢や性別などのユーザーの属性やキーワード、トピックなどによってターゲットを定めることができます。それにより、ターゲットを定めない場合よりも商品の売上を上げることが期待できます。

YouTube広告のデメリットとは

デメリットとしては、しっかりターゲティングをしておかないと、見たい動画の前に興味のない広告が強制的に流れることで、かえって企業や商品のイメージを下げることにつながる恐れがあるのです。

また、そもそもターゲットがその商品やサービスの購入を希望している場合は、すでにほかの方法で検索している可能性があるので、YouTube広告からは購入などのアクションにつながりにくいことも考えられます。

Youtube広告でターゲティングを行う際のポイント

たくさんある項目のなかで何を基準にターゲティングを行えば良いのかを迷われる方もいるでしょう。ここでは、2つの側面からターゲティングを行う上でのポイントをお伝えします。

ユーザーの年齢や性別で動画のクリエイティブを変える

どんな広告を配信するのかによって、アプローチするユーザーは変わってきます。そのため、基本的なユーザー情報である年齢や性別で絞ることでも、かなり狙いを定めた広告にできるのがYouTube広告の特徴です。ここを入り口として、さらに既婚か独身か、子どもの有無などで絞っていくことで、より「こんなユーザーに宣伝したい」と想定した通りの人に広告を見せることが可能になります。例えば、若い世代にはインパクトがある広告を作るなど、年齢層や性別に合わせて動画のクリエティブを変えると、よりユーザーの心に届きやすくなるでしょう。

配信目的に応じてターゲティングを変える

前述のターゲティング一覧において、認知や獲得などの配信目的に応じたターゲット設定を紹介しました。基本的に、認知を高める力があると言われるYouTube広告ですが、商品やサービス購入の見込み客の獲得を目的とした設定を行うことによって、認知だけでは終わらせない広告を作ることが可能です。

どんな人物像をターゲットとするか、広告を見ることによって次にどのようなアクションに結びつくことを目的とするのか、そこをクリアにしてターゲティングを変えることで、より望みに近い効果が期待できるでしょう。

まとめ

YouTube広告は、ほかの広告媒体のなかでも費用を抑えて取り組むことができるものです。その効果を上げるためには、YouTube広告のメリットであるターゲティングをしっかり行った上で配信すると、より望んだ効果に近づくことができ、費用対効果も上がるといえます。ぜひ、ターゲティングについてのポイントをしっかり押さえて取り組んでみてください。