ご依頼・ご相談はこちら
インターネット広告

YouTube広告の可能性とその活用方法を徹底解説

インターネットを使った広告が主流になる時代のなかで、YouTube広告はもっとも注目される動画広告の一つです。この記事ではYouTube広告にはどのような種類や可能性があるのか、ポイントとなる活用方法についてお伝えします。

YouTube広告の種類と特徴

最初に、YouTube広告の種類とその特徴について見ていくことにしましょう。YouTube広告とはどのようなものなのかを、初めての方にも分かるように説明します。

YouTube広告は3種類ある 

YouTube広告には、インストリーム広告、ディスカバリー広告、バンパー広告の3つのタイプの広告があります。インストリーム広告は、動画の始まりや途中、終わりに出てくるものです。5秒経つとスキップできるものと、15秒以上経たないとスキップできないものに分かれます。

ディスカバリー広告はYouTube動画を検索したときに一覧の一番上の部分などに出てくるもので、動画のサムネイルと紹介文によって表示されます。ユーザーが自分で選んでクリックして見るタイプの広告で、広告をクリックした場合に料金が発生します。

バンパー広告は、インストリーム広告のように動画の最初や途中、最後などに6秒間再生されます。

教育系コンテンツに向いている

YouTube広告は、教育系のコンテンツに向いているといわれています。これは、動画の効果によって、魅力的に教材の紹介を行うことができることから、画像やテキストだけの広告よりもユーザーの興味をひきやすいためです。記事で見ただけの商材であれば、実際に使った感覚を体験できることはできません。しかし、視覚と聴覚から訴えることができる動画であれば、教材の一部を体験できるようにするなどして、使用したときのメリットをユーザーに想像させることができます。これがYouTube広告と教育系コンテンツの相性が良いとされる理由です。

潜在顧客へのアピールに強い

YouTube広告は潜在顧客にアプローチすることに適した広告で、画像やテキストなどで表示されるディスプレイ広告に近い性質があります。ディスプレイ広告との大きな違いは、動画を見るなかで商品のことが分かりやすく理解できるため、最終的な成果につながりやすい点です。

YouTube広告をどのように活用するか

YouTube広告はスマートフォンの利用の拡大や、インターネットでの動画視聴者の増加などの背景を受けて、企業においても広告出稿の数が増えています。YouTube広告は、文字と画像だけのバナー広告よりもクリックされる率が高いといわれています。また、YouTube広告の強みとされる認知目的だけではなく、購買を目的にPRすることも可能です。

認知目的か購買目的かで分けよう

YouTube広告にはインストリーム広告、ディスカバリー広告、バンパー広告の3種類がありますが、目的によってどのタイプの広告にするかを決めると効果的です。例えば、商品やブランドについての認知を高めたい場合は、インストリーム広告やバンパー広告が向いています。また、商品の購買までつなげたい場合はディスカバー広告が良いでしょう。このように、何を目的として作る広告かによって、広告のタイプも変わりますので、最初に目的を明確にしましょう。

YouTube広告作成で大切なこと

YouTube広告を作る上で押さえておきたいこととは何でしょうか。ここでは、そのなかの3つのことについて具体的に解説します。

広告の目的とターゲティングをしっかり設定

先述したように、認知と購買のうちどちらを目的としている動画なのかを定めることが必要です。そして、それを決めたら、どんな人に伝える広告にするのかも考えましょう。YouTube広告では、ターゲットを細かく設定することができます。このステップを踏むことで、より広告を見て欲しい人に表示させることができるため、費用対効果を高めることができます。

最初の5秒間でユーザーの興味を喚起させる

インストリーム広告は5秒間経つと動画をスキップすることができます。そのため、5秒間でいかにユーザーの興味を喚起するかということが効果的な広告を作成するためのポイントです。また、5秒間のうちにその広告の要点を伝える内容にすることで、興味のないユーザーはスキップし、広告出稿側としても無駄な広告課金を避けることができます。つまり、商品やサービスに興味のある人に向けて広告費をかけるという効率的な出稿につながるのです。

質が低い動画はかえって逆効果になる

質の低い動画では5秒間でユーザーの心をつかむことが難しいです。また視聴者に煙たがられやすいものでもあります。なぜなら、見たい動画の前に広告が入ることだけでもストレスを感じるのに、そこに質が低い動画広告が流れれば、そのブランドや商品に対してより不快感を抱くことにつながりかねないからです。このような理由から、質が低すぎる動画は広告としては逆効果と言えます。

まとめ

YouTube広告は、目的やターゲットを明確にして質の高いものを作ることで、少ない費用であっても高い広告効果を生み出すことが可能になります。そうするためにも、YouTube広告の性質をしっかり理解して、ポイントを押さえたアプローチを行うようにしましょう。