ご依頼・ご相談はこちら
WEBマーケティング

インスタグラムを使った効果的な店舗集客のポイントを解説します

写真や動画を魅力的に見せるインスタグラムを使った店舗集客にはさまざまなメリットがあります。あまりコストをかけずに集客ができるので、インスタグラムを使った情報発信について理解を深めてみてください。

インスタグラムを使った店舗集客とは?

スマホを利用する人口が拡大し、誰でも手軽に高性能のカメラで写真を共有する時代となりました。写真や動画を使って直感的に情報を伝えるインスタグラムは、2017年に流行語大賞になった「インスタ映え」という言葉に象徴されるように、多くの人に使われるツールです。このインスタグラムを使った集客の要は、写真や動画を魅力的に配信することによって、ユーザーに「行きたい」と思わせるブランディングを行うことにあります。

インスタグラムを集客に使うメリット

インスタグラムを店舗集客に使うメリットにはさまざまなものがあります。なかでも、個人やお店で運用するにあたり、広告費をあまり掛けずに集客アップを狙うことができるのは大きなメリットです。また、簡単に始めることができ、少し工夫を凝らすことでフォロワーがつくという手軽さも人気の理由のひとつです。そして、魅力的な情報発信を定期的に行うことで、お客様がリピーターになる可能性があるのもインスタグラムの特徴です。他のSNSと連携させたり、購入や予約ができたりする機能もあります。

店舗集客を行う具体的な方法について

インスタグラムの運用による店舗集客にはさまざまなメリットがありますが、実際に運用するときにはどのようなことに気を付ければよいのでしょうか?ここでは、店舗集客のための具体的なポイントについてお伝えします。

1. 見られやすい時間帯に更新する

まずは、更新するタイミングです。例えばメルマガやLINEなどでも、決まった時間になると情報更新が行われるということを体験している方も多いと思います。広告が見られやすく反応を得やすい時間帯があるので、それを意識して更新を行うと、よりPRの効果を高めることができます。ビジネスアカウントでのインスタグラムインサイトでは、反応を得やすい時間帯や曜日の分析もできますので、ぜひ使ってみてください。

2. インスタだけのキャンペーン情報を流す

インスタグラムだけで知ることができるキャンペーン情報を配信するのもよいでしょう。アカウントをフォローしているユーザーにとって魅力的なお得情報であれば、「フォローしていて良かった」という思いにつながり、お店のアカウントがますます注目される可能性があります。

3. ストーリーズハイライトを効果的に使う

インスタグラムには、ストーリーズハイライトという機能があります。この機能を使うと、通常は24時間たつと消えてしまうストーリーズをプロフィールページに時間制限なく残すことができたり、過去のストーリーズをまとめて残すことができたりします。また、FAQや商品など、テーマによってストーリーズハイライトを分けてまとめることもできます。このようにストーリーズハイライトを使うことで、初めてサイトを訪れた人に、短時間でお店の魅力を伝えることができるのです。

4.ユーザーとのこまめなコミュニケーション

インスタグラムでは、興味を持ってくれた人とのコミュニケーションができます。アカウントを訪れてくれた人へのいいねやコメント、フォローなどでファンにしていきましょう。

また、コミュニケーションを使って見込み客を増やす方法もあります。それは、こちらからユーザーに働きかけていくことです。お店の名前や商品名などのハッシュタグ機能で検索を行い、そのタグで投稿を行ってくれているユーザーをフォローするほか、いいねを送ることができます。お店のサービスや位置付けに近いトピックで投稿を行っているユーザーにコメントを送ることでも、新たなファンを増やすことにつながるのです。ただし、自分のお店のサービスに関係のないユーザーや投稿へのコメントはスパムのように思われる可能性もあるので、注意しましょう。

5. 自動ツールでフォロワーを増やす方法もある

インスタグラムの可能性は分かるけど、うまく運用する自信がなく、時間も捻出できないという方は、自動ツールを使ってフォロワーを増やす方法があります。ここでご紹介するのは、Limという会社の自動ツールを使ったサービスです。これはSoftBankやRIZAPといった大手企業も導入しています。このツールは人口知能を使うことで、適切なユーザーに働きかけてフォロワーにするものです。専属インスタグラマーも数百人在籍している会社なので、あなたのアカウントに合ったアドバイスやサポートもしてくれます。Limを使うことで飛躍的にフォロワーが増えてアカウントの効果的な運用に成功しているという企業も多いので、興味がある方は検討してみてはいかがでしょうか?

Lim公式HP https://www.lim-japan.com/follower-up

集客につながるアカウント育成のコツ

ここまでは、インスタグラムを使って集客するポイントを紹介してきました。なかでも、集客につながるアカウントに育てることがとても大切なことを何となく感じておられるのではないでしょうか?この項目では、集客につながるアカウント育成のコツについてお伝えします。

ユーザーにとって価値ある投稿をする

ユーザーに興味を持ってもらうためには、ユーザーにとって価値ある情報を発信することが大切です。価値ある情報とは、「こんなふうになりたい」と憧れる投稿であったり、何かを学び取れる投稿、「あるある」と共感できる投稿や、ユニークで面白い投稿などです。

その入り口となるのは、何といってもプロフィールページでしょう。ここでは、あなたのお店がどんな特徴を持つお店なのか、初めてアカウントを訪れたユーザーも理解しやすいように書きましょう。

飲食店の場合は、店舗名、お料理のジャンル、コンセプト、お店情報は書きましょう。また、行きたくなるお店紹介ということを意識しながら、アピールポイントも書くとよいでしょう。運用していくにあたっては、どんな人に向けて発信していく投稿なのか、ターゲット像をイメージして一貫性を持たせていくのも重要です。

写真は統一感とインスタ映えを意識

インスタグラムは写真が命です。ただ、写真はきれいであればいいというわけではありません。ここで大切なのは、全体の統一感です。こちらも飲食店の場合ですが、投稿する料理写真の選び方においても、写真のサイズや色味、写真を撮るアングルなどを揃えると全体の統一感につながります。お店のテーマカラーが決まっていれば、ちょこちょこその色を使った写真を載せるのもいいでしょう。また、さらにインスタ映えする写真を撮るためには、料理の盛り付け方や配置を工夫したり、写真のなかに小物を入れるなどという方法もあります。色味においても、工夫すると鮮やかさが出ます。

拡散にも力を入れよう

魅力的なページを作ったら、次は拡散にも力を入れましょう。拡散のために大切になるのが、インスタグラムの機能として有名なハッシュタグを付けることです。GoogleやYahoo!でお店を検索するように、ハッシュタグでお店探しをする人も増えています。ハッシュタグには、お店の名前、都道府県や地域、駅名などの地域情報、料理の名前(複数でもOK)を付けましょう。お店や投稿に関連するハッシュタグであれば複数付けても問題はありません。そして、拡散をするためには、お店のお客様にインスタ投稿やアカウントフォローによる飲食代金の値引きなどで呼びかけることもひとつの方法です。このとき、お客様には、お店のアカウントのタグ付けや、ハッシュタグで店舗名を付けてもらうことを依頼しましょう。また、他のSNSとの連携も有効です。FacebookやTwitterなどと連携を行うことで、拡散力を上げることが期待できます。

まとめ

インスタグラムを使った店舗集客は、あまりコストをかけずに手軽に始められて、集客につながるため、日に日に注目が高まっています。運用が苦手な方でもフォロワーを増やす方法もありますので、今回紹介した内容を踏まえながら、インスタグラムによる集客を検討されてみてはいかがでしょうか?