ご依頼・ご相談はこちら
WEBマーケティング

インプレッションとは?混同しやすいPVやリーチとの違いについて

Webマーケティングにおいてよく耳にするインプレッション数とは、広告がどれぐらい見られているのかの指標になる数値です。今の運用方法での広告の効果や、ユーザーへのアプローチには、さらに工夫が必要かどうか、などを考える上で重要な判断材料になります。今回は、そんなインプレッション数の意味や混同しやすい用語との違い、インプレッション数を増やす方法などについてお伝えします。

インプレッションとはSNSで使われるエンゲージメント

インプレッションは、「印象」「気持ち」といった意味をもつ英語でIMPと表現されることもあります。Webマーケティングにおいては、広告の表示回数を表す数値で、どれだけの人に広告が見られているかを測る目安です。また、エンゲージメントとは投稿に対してユーザーが起こしたアクションの総数で、ユーザーからの共感が表れる数値となります。費用面から購入につなげるだけではなく、ブランドの理念やサービスなどに消費者が愛着をもつことがエンゲージメントにつながります。エンゲージメントが高いほど、消費者がそのブランドの商品を購入したり、他者への口コミなどになるとされているものです。

インプレッションとはSNSで使われる

Webサイト上に広告が表示された回数を計算する指標がインプレッション数です。インプレッション数はSNSでの広告表示などでも使われており、例えば、一部だけが一瞬表示されたような場合であってもカウントされます。ただし、Facebook広告やLINE広告の場合は、100%表示された場合だけインプレッション数を数えることになっています。また、Yahoo!プロモーション広告では、ユーザーの視界に入るところに広告が表示されたときだけカウントされます。

PVやリーチやセッションとはどう違うか

インプレッションと似た言葉にPVやリーチ、セッションがあります。PVは、Page View(ページビュー)の頭文字をとったもので、ページが表示された数をカウントするものです。1ページに1つの広告が主流だった頃は、インプレッションとPVはほぼ同義語でしたが、現在は、1ページに2つ以上の広告が載ることも多く、インプレッションとPVは別物となっています。また、リーチは広告が画面上に表示されたユーザーの数を数える指標です。人数でカウントするため、同じ人物が複数回広告を見ている場合は、インプレッションやPVは上がっても、リーチは上がらないという計算になります。またセッションは、あるサイトをユーザーが訪れてから離れるまでの一連の行動に対してのカウントです。同じサイトにある複数のページを訪れても1カウントなので、インプレッションとは違った計算方法です。

インプレッション数の計測について

広告がどのくらい見られているかの指標になるインプレッション数ですが、どのような使われ方をするのでしょうか?ここでは、インプレッション数の計測についてお伝えします。

インプレッション数は何に使うか?

インプレッションは、その広告がどれぐらい見られているのかをカウントするのに大切な情報を与えてくれます。広告における成果をコンバージョンと表現しますが、インプレッションはコンバージョンを上げるためにも鍵となる数字です。クリック率の計算をするためには、「クリック数÷インプレッション数×100」で計算しますが、このクリック率はコンバージョンにも密接に関係してくるため、数字上で広告の効果を上げる作戦を考えるために、インプレッション数が貴重な指標となります。

インプレッション数の数え方

インプレッション数がどのように計算されるのかをお伝えします。その計算式とは、「インプレッション数=PV×広告掲載数」です。SさんがWEBサイトのページを1日に5回見たとします。このページに1箇所ある広告枠に、Aの広告が2回、Bの広告が3回、Cの広告が5回、画面上に出てきた場合の数値はPVはそれぞれ10で、Aは2インプレッション、Bは3インプレッション、Cは5インプレッションです。ここで、Facebook広告やLINE広告、Yahoo!プロモーションなどSNSによってインプレッションのカウントの仕方にも違いがあったことを思い出してください。このことを念頭に置きながらカウントすることで、より正確な数字を導き出し、広告が実際どれぐらい見られているかを予測することができます。

インプレッション数で行う課金もある

インターネット広告のなかには、インプレッションに応じて課金されるインプレッション課金型広告システムというものがあります。インプレッション課金型広告は、CPMという単価の指標を使い1000インプレッションごとに課金するシステムで、SNS広告やスマホアプリなどでもよく使う方法です。インプレッション数やリーチ数アップを目的とする場合などによい課金システムになります。

インプレッションを増やす方法

ここまでは、インプレッション数を上げることが、コンバージョンにつながる可能性を見てきました。では、どのようにしたらインプレッション数を上げることができるのでしょうか?ここでは、そのための具体的な3つの方法を紹介します。

入札単価を増やす

インプレッション数を増やすために、まずは入札単価をアップする方法があります。Googleのリスティング広告においては、定められたキーワードにいくらで入札を行うかによって、表示される順位が変動します。このような背景から、入札単価をアップすることで表示順位を上げることが可能になり、必然的にインプレッション数も上がります。広告運用の結果を出すためにも、ターゲットが検索しやすいキーワードで設定することが重要です。

検索ワードを細かくする

検索ワードを絞ることも1つの方法です。多くの人が検索するワードは入札単価が高くなることが予想されます。その上、よっぽど予算をかけないと上位表示されない可能性があるのです。そうであれば、狙ったターゲットが検索しそうなキーワードをさらに細かく絞ることで予算を賢く使いながら、ターゲットにアプローチするのも賢い方法です。例えば京都の居酒屋を宣伝したい場合、「居酒屋 京都」だけで絞るよりも、「居酒屋 京都 鍋」などといった感じで絞っていきます。

広告費用をアップする

純粋に広告にかける予算をアップして、できるだけユーザーの目に触れる機会を増やす方法です。とくに、ディスプレイ広告やリスティング広告は、予算によって1日の表示上限が変わり、上限を超えると広告が表示されなくなるため、ユーザーへのアプローチの機会の損失にもつながってしまいます。これを防ぐためには、広告の予算を上げて、1日の上限を上げるようにしましょう。

まとめ

コンバージョンを上げるために重要な鍵を握るのがインプレッション数です。インプレッション数と混同しやすい用語との違いや、SNSによるカウント方法の違いなども踏まえた上で、正しいインプレッション数を導き出し、より多くのユーザーに見られるような成果を生み出す広告を作りましょう。