ご依頼・ご相談はこちら
WEBマーケティング

広告効果測定ツールのおすすめ4選!サービスを選ぶポイントも紹介

広告は提供しているサービスをより多くの人に認知してもらうために用います。PRしたい商品やサービスがどれくらいの人に届いて、どれだけ関心を与えているのかを測定するためには、広告効果測定ツールを使用しましょう。本記事では、適切なツールを選ぶためのポイントや、おすすめツールを紹介します。

適切な広告効果測定ツールを選ぶためのポイント

適切な広告効果測定ツールを選ぶためのポイントは、以下の3つです。

  • 目的とするデータを測定できるか
  • 困った時にサポートしてもらえるか
  • 料金体系

これらのポイントを知っておけば、広告効果の把握に必要なデータをスムーズに集め、事業者にとって適切な広告を出せるようになるでしょう。

ここからは、適切な広告効果測定ツールを選ぶためのポイントについて詳しく説明します。

目的とするデータを測定できるか

どれだけメディアに露出してユーザーの興味を引いているのか、広告を出したおかげでどれだけ成果につながっているのかをCVやCTRなどで数値的に把握できなければ、事業の成果をあげるための改善策を考えることはできません。

導入する広告効果測定ツールが、目的とするデータを測定できるかを把握しておくことが大切です。

困った時にサポートしてもらえるか

広告効果測定ツールを正しく使うためには、ツールの初期設定や広告の登録など、適切に運用する必要があります。

特にツールを導入したばかりの段階ではうまく使いこなせないケースがあるため、困ったときにサポートしてもらえる体制が整っているかを確認しておきましょう。

料金体系

広告効果測定ツールを提供している会社は複数ありますが、それぞれ料金体系が違っています。とはいえ、多くの広告効果測定ツールでは、使用するデータ量やコンバージョン率が増えるほど料金が高くなる傾向があるのです。予算を考えながら、費用対効果の高いツールを選ぶことが重要にまります。

おすすめの広告効果測定ツール4選

広告効果測定ツールとしておすすめなのは、以下の4つです。

  • WebAntenna
  • ADEBIS
  • ADPLAN
  • CATS

これらのツールがそれぞれどのような特徴を持っているかを知っておくことで、事業に合った広告効果を測定できるようになるのです。ここからは、おすすめの広告効果測定ツールを紹介していきます。

導入実績が豊富なWebAntenna

WebAntennaは、大手企業からベンチャー企業まで、事業規模に関わらず様々な事業者が導入している広告効果測定ツールです。

バナーやリスティング、アフィリエイトなど、すべての広告施策を一元化して管理できるため、集計作業がラクに行えるのがおすすめポイント。集計画面に広告の画像も登録できるため、動画像で広告を出すべきかどうかを判断しやすいのが魅力です。 

利用企業の多さが特徴のADEBIS

ADEBISは、精度の高いデータ集計に加えて施策軸や人軸といった多角的なデータ分析が可能な広告効果測定ツールです。

デジタルマーケティングに必要なツールが1つのパッケージにまとめられているため、ADEBISがあればほかの機能を追加する必要もなくなるでしょう。また、ツールの導入から活用までしっかりとサポートしてくれます。さらには、キックオフミーティングや勉強会を開催するなど対面サポートも実施しているので安心です。

それによって、今まで以上にマーケティングについての手法を深められ、効果的な事業運営ができるようになることが期待できます。ツールの導入実績はすでに1万件を超えており、多くの企業が利用していることから信頼性の高いツールだと言えます。

高精度な情報収集が可能なADPLAN

広告効果測定ツールのほとんどは、登録している広告ごとに効果を分析するものです。。ADPLANでは登録している広告すべてを、測定したい広告効果とクロス分析することができより高精度な情報収集を短時間で行えるメリットがあります。

また、広告に関連する情報が複数の媒体で保存されているケースでも、ADPLANに取り込めば、正確なデータ集計によって広告効果を測定可能です。

魅力的な料金体系のCATS

広告効果測定ツールを利用する費用は、データ使用量やコンバージョン率をもとに計算されることが多いため、費用を計算しにくいのが難点。CATSは月額固定料金となっているため、予算計画を立てながら事業を進めやすいのが特徴です。

ユーザーにどれだけ広告が認知されているか、直接的・関節的なコンバージョン率がどれくらいになっているかを測定できます。また、最新のITP(サイトのトラッキングを防ぐ機能)にも対応しているため、より正確なデータ集計が可能になっているのが魅力でしょう。

まとめ

本記事では、適切な広告効果測定ツールを選ぶためのポイントや、おすすめ広告効果測定ツールを紹介しました。

広告効果測定に捻出できる費用や、集計したいデータの種類によって選ぶべきツールは変わります。ここで説明した内容を参考にして、事業に適した広告効果測定ツールを導入できるようになり、さらに効果的な広告運用ができるようになりましょう。