ご依頼・ご相談はこちら
WEB制作

ウェブサイトの種類とは?ウェブサイトを作る時のポイントも紹介

ウェブサイトを作ろうとインターネットを見てもたくさんの種類があるため、違いや特徴が分からないという人は多いです。

それぞれの目的に合ったウェブサイトを作るためには、どのような種類があり、どのような点に注意して制作しなければならないかを知っておく必要があります。

そこで本記事では、インターネット上にあるウェブサイトの種類や、ウェブサイトを作るときのポイントについて詳しく説明します。

インターネット上にあるウェブサイトの種類とは?

インターネット上にあるウェブサイトの種類として代表的なものには、以下の5つがあります。

  • コーポレートサイト
  • ランディングページ
  • ECサイト・ショッピングサイト
  • リクルートサイト
  • オウンドメディア

上記の特徴を理解していれば、制作するべきウェブサイトの種類が明確になり適切な情報発信ができるようになります。ここからは、インターネット上にあるウェブサイトの種類について詳しく説明します。

コーポレートサイト

コーポレートサイトは、その名のとおり会社として運営されているウェブサイトです。コーポレートサイトは「会社の顔」とも言われ、どのような事業をしているのか、どのような製品やサービスを提供しているのか、といった情報を掲載します。

コーポレートサイトを運営することによって、訪れたユーザーに名刺として会社の情報を認知してもらえます。認知してもらうことで、社会からの信頼を得たりビジネスの拡大や採用につなげたりすることが可能です。

ランディングページ

ランディングページは、広告やSNSを経由して、ユーザーが最初に訪問するページのことです。中でも、訪問したユーザーに、一定の行動を促す内容が記載されたページのことを言うケースが多く、イベント予約や訪問予約、サービス登録や商品の注文などを促す役割があります。

ECサイト・ショッピングサイト

ECサイト(Electronic Commerce)は、電子的にサービスや商品を取引するサイトのことを言います。実店舗が自社専用のショッピングサイト立ち上げるケースが多く、実店舗に足を運ばずに商品が手に入れられることから、今後さらに規模が拡大してくると予想されているのです。

リクルートサイト

リクルートサイトは、人材の採用を目的として作られたサイトです。コーポレートサイトにも求人情報を掲載されている企業も多いですが、リクルートサイトは求職者に的を絞った情報を記載したサイトになっています。

しかしリクルートサイトでは、より具体的な採用情報を掲載できるため、企業の魅力や採用に対する意欲をアピールし、求職者の応募率を上げることが期待できるのです。

 また、求人サイトに求人情報を掲載しようとすると掲載料がかかってしまいますが、独自にリクルートサイトを立ち上げてコストを抑えることで、費用対効果の高い採用が実現できます。

オウンドメディア

オウンドメディアは、コーポレートサイトやリクルートサイトとは別に、企業や個人が広範囲のユーザーに向けて役立つ情報を発信していくウェブサイトです。

オウンドメディアだけで売上を出すのは困難ですが、ユーザーの疑問や悩みを解決する幅広いコンテンツを盛り込めば、提供している商品やサービスのことを間接的に認知してもらえます。

また、オウンドメディアを運営することで、潜在的な顧客を発掘したり提供している商品やサービスに対する好感度を高めたりする効果も期待できます。

ウェブサイトを作る時のポイント

実際にウェブサイトを立ち上げる際は、ウェブサイトの種類だけでなく制作の流れを理解しておくことも大切です。

ウェブサイトを作る目的を明確にする

ウェブサイトを立ち上げる場合、まずはウェブサイトを作る目的を明確にしておくことが大切です。目的に応じたウェブサイトの種類を選ばなければ、思ったような成果を出せなくなってしまい、ウェブサイトの目的に沿った効果が発揮できません。

何のためにウェブサイトを作るのかを明確にしておけば、筋道を立ててスムーズに制作が進められるようになります。

ターゲットを決めておく

ウェブサイトを作る目的がはっきりしたら、次にターゲットを絞っていきます。ターゲットがほしいと思っている情報を集中的にコンテンツに盛り込んでいくことで、より多くのユーザーの興味を惹いていきます。

また、定期的に情報を更新していくことで、継続的にユーザーの目に触れさせるようにして印象を残し、顧客離れを防いでいくのも大切になります。

まとめ

本記事では、インターネット上にあるウェブサイトの種類や、ウェブサイトを作るときのポイントについて、詳しく説明しました。

インターネットを通して効率的に事業の目的を達成していくためには、適切な種類のウェブサイトを運営していくことが不可欠です。

ここで説明した内容を参考にして、あなたの目的に合ったウェブサイトを選びましょう。