ご依頼・ご相談はこちら
インターネット広告

CPCとは?広告効果を上げるために押さえておくべきポイントを紹介

インターネット広告を運用する際によく目にする言葉にCPCがあります。顧客を効率よく自社サイトに誘導しているかどうかを測る重要な指標の1つですが、このCPCについてよくわからないという人も多いことでしょう。

ここでは、CPCの課金の仕組みや効果的なCPCのためのポイントを紹介します。よく似たCPMとの違いも説明しますので、効率的に広告を運用するための参考にしてください。

CPCとは

CPC(Cost Per Click)とは、1クリックあたりにかかる広告の料金のことです。インターネット広告において、ユーザーがクリックするたびに何円の費用がかかったのかを測る指標のことで、クリック課金とも呼ばれます。

CPC課金の仕組みとは

CPCで広告を出す場合、クリックされなければ費用はかかりません。CPCの算出式は、次のとおりです。

・CPC:かかった広告費÷その広告にクリックされた数

たとえば、5万円の広告費で1万クリック数を得たとすると、CPCは5円となります。CPCが低ければ低いほど、費用対効果が高いとみなされます。

CPCは、広告を出す際に設定する上限金額をもとに、入札形式で決まります。上限CPCとは、1クリックにつき支払う上限金額のことです。

出稿広告が人気のキーワードの場合は競合も多く金額も高くなる傾向にありますが、上限を高く設定することで表示回数を増やしたり掲載順位を高めたりでき、クリックに結びつきやすくなります。

CPMとはどう違う?

CPCによく似たものにCPMがあります。CPM(Cost Per Mille)は、広告が1,000回掲載された時にかかる費用のことです。クリック課金であるCPCに対して、CPMはインプレッション課金ともいわれます。インプレッションとは、広告表示のことです。

いずれもWeb広告の課金形態ですが、CPMの場合は表示されただけで広告費がかかりますが、CPCはクリックされて初めて費用が発生する点が異なります。

CPMは、広告表示数に関わらず費用は一定なため、クリック率が高い場合、CPCよりも効率的に広告運用できます。反対に、クリック率が低い場合は、サイトに誘導できなくても決まった金額の広告費用がかかるため、費用が無駄になりかねません。

効果的なCPCのためのポイント

ここでは、効果的なCPCのためのポイントを紹介します。

CPCの決定基準を理解する

広告を出稿する場合は、どのような目的で広告を出すのかを明確にしなければなりません。目的が定まると広告形態が決まり、最適な広告を出すことができます。

コストのみでなくトータルで考える

広告コストを安く抑えたいからと、CPCが安い広告ばかりを選ぶと、期待していたコンバージョンを得られません。CPCが低いのは、競合他社が少ないということを意味します。つまり、ライバルの少ないキーワードか、まったく売れないキーワードのいずれかということです。

また、おまけやプレゼントといったインセンティブ目的の広告の場合もクリックが多い傾向にあり、広告コストが安くすんだとしても期待していた結果に至らない可能性が高くなります。

費用対効果を上げるポイントを把握する

費用対効果を上げるポイントはいくつかあります。たとえば、競合が少ないキーワードを選んだり、認知度の低いメディアを選んだりすることで費用対効果を上げることも可能です。

しかし、前項で記したように、CPCをコスト重視で選ぶと期待したコンバージョンを得ることは難しいため、需要と供給を考えてキーワードやメディアを選ぶ必要があります。

また、除外キーワードを設定することでマッチ率を上げることも可能です。ターゲットユーザーが検索しないであろうキーワードを登録し、コンバージョンにつながりやすいキーワードを厳選することにより、運用効果を上げることができるでしょう。

CPCを採用するメリットとデメリット

ここでは、CPCを用いるときのメリットとデメリットを紹介します。

CPCを採用するメリット

CPCを用いるときの1番のメリットは、クリックされなければ広告の費用がかからないことです。ユーザーを目的のサイトに誘導した数とかかった広告費が比例関係にあるため、広告の効果を把握しやすいのもメリットの1つでしょう。

また、CPCにおいてはクリック数が最大になるよう自動配信されているため、リスティング広告での利用が多いです。

これに対して、CPMはインプレッション数に重点が置かれており、多くのユーザーに認知してもらえる効果が高いため、DSPやSNSなどの広告でよく使われています。

ちなみにDSPとは、Demand-Side-Platformの略称で、広告主用に用意されたプラットフォームのことを指します。

CPCかCPMのどちらを選ぶかは、広告の目的によるでしょう。上述したように、CPMは多くのユーザーに見てもらえるためブランディングに適していますが、CPCのほうは、クリック数重視なため販売目的に使われます。

CPCを採用するデメリット

CPCのデメリットは、ライバルが多いキーワードでは費用が高くなることです。CPCを採用した場合は、常にクリック数を確認することをおすすめします。

一方、CPMのデメリットは、クリック数が少なくても一定の費用がかかり、さらに広告の効果を把握しにくいという点です。

まとめ

広告を運用する場合は、まず広告を出す目的を明確にすることが大切です。ブランディングが目的なのか販売が目的なのかで、採用する課金形態が異なります。

CPCを採用する場合、あまりにもCPCの低い広告であれば、期待していたようなコンバージョンに至らないことも考えられ、綿密なリサーチを行い需要と供給に見合った広告を出稿することが大切です。