ご依頼・ご相談はこちら
MEO

集客向上が期待できる「MEO」とは?基本情報や具体的な方法を解説

Google検索を利用して集客アップさせる方法の1つに、Googleマップに対する施策「MEO」という方法があります。これは特に検索する場所の周辺の情報を主に検索できるローカル検索で効果が期待できる施策です。今回はそんなMEOを実際にどのように実施するのか、基本的な情報と具体的な方法について解説します。

MEOとはどのような施策?

Googleの検索結果で店舗やサービスを上位に表示させたい場合に実施したいのが、「MEO」です。では、MEOとはどのような施策なのでしょうか。SEOとの違いについても併せて紹介します。

Googleの地図エンジン最適化

MEOとは「Map Engine Optimization」、日本語で言うと「地図エンジン最適化」を指します。Googleマップを対象に実施する施策で、Googleマップでの地図検索において、検索結果で上位表示することが目的です。

Googleマップで特定のキーワードを選択すると、その内容に合致した結果が出てきます。例えば、「カフェ」や「レストラン」と検索してみると、現在地の周辺にあるカフェやレストランが検索結果として表示されますが、その際の表示順位をできるだけ上位に上げるために、MEOが必須なのです。

MEOとSEOの違いとは

検索結果を上げるための施策としては、「SEO」がよく知られています。SEOとは「Search engine optimization」、日本語に訳すると「検索エンジン最適化」のことで、Googleでの検索結果の上位に表示させるためのものです。一見MEOと似ているように思われますが、両者には大きな違いが複数あります。

まず、SEOは検索結果の上位に表示させて対象のサイトへ誘導することが目的ですが、MEOはユーザーの来店や問い合わせへの誘導が目的である点が大きな違いです。また、ローカル検索に特化している点も、MEOがSEOと大きく違う点でしょう。SEOを行えば全世界で同じキーワードで検索した結果が表示されますが、MEOではユーザーが検索している地域での検索結果の上位に表示されるという「ローカル検索」での検索結果に違いが表れます。つまり、ローカル検索での強みを持たせたいときに最適なのが、MEOというわけです。SEO対策では、適切に対応させるにはそれなりの費用がかかり、一般的には数十万円ほど、場合によっては数百万円の費用がかかります。その理由は、エンジニアやライター、コーダーなど多くの人員が必要とされるからです。これに対し、MEOはそれほどの人員を必要とせずに実施できるためコスト面でもSEOより安く、数万円の費用でも実施可能である点も大きな違いでしょう。

MEOが必要である理由

SEO対策を実施していれば、MEOは必要ないのでは?と考える人がいるかもしれません。しかし、MEOは先述のようにローカル検索に特化した施策です。

近隣の店舗を探すユーザーの44%が、Googleマップの検索機能を使用しているといわれています。このことからも、実店舗への顧客獲得を狙うためには全世界を対象としたSEO対策を施すよりも、MEO対策をした方が集客アップにつなげやすいのです。これが、MEOが必要とされている理由といえます。

MEOの実施手順

MEOを実施するには、いくつかの手順を踏まなければなりません。以下では、その方法について順を追って解説していきます。

Googleマイビジネスに登録

MEOを実施するには、まず「Googleマイビジネス」への登録が必須です。

Googleマイビジネスとは、Googleマップだけではなく一般的なGoogle検索において、店舗情報を表示させるためのサービスです。店舗はもちろん、企業や実店舗がない非店舗型のビジネスでも、情報表示が可能となります。

Googleマイビジネスに登録するには、あらかじめGoogleアカウントを作成しておく必要があります。そして、マイビジネスの登録ページから店舗やサービスの情報を登録。その際、「このビジネスのオーナーですか?」というオーナー確認のメッセージが表示された場合は、すでにその店舗情報のページが作成されていることを意味します。このケースでは、新たに登録をする必要はないので、そのままオーナーとしての登録へ進みましょう。

「このビジネスのオーナーですか?」のメッセージが表示されない場合は、その店舗の情報が未登録であることを意味します。新規登録としてそのまま情報登録を進めると、登録完了後にオーナー確認のメッセージが表示されるはずです。その後は、登録済みの場合と同様にオーナーとして登録を済ませます。

オーナー登録が完了すると、確認コードがメール、電話、はがき、自社サイトの管理や監視のためのツール「Google Search Console」のいずれかで送信されるので、確認コードを受け取って入力すれば、登録は完了です。

マイビジネスの情報を充実させる

Googleマイビジネスの登録を行っただけでは、簡易的な情報しか登録できていません。Googleマップの検索結果で表示される店舗情報を参考にするとよくわかりますが、上位に表示される店舗の多くは、詳しい情報が掲載されているはずです。MEOの効果を発揮させるためにも、登録後は必ず、作成したマイビジネスに詳しい情報を登録して内容を充実させましょう。

マイビジネスの情報画面では、名称や住所、電話番号や営業時間などの基本的な情報のほか、ウェブサイトのURLや具体的な商品やサービス内容、予約リンクなどの登録が可能です。デリバリーを行っている店舗であれば、住所に加えて配達サービスエリアも追加登録しておきましょう。

店舗のカテゴリは、複数登録ができます。店舗の営業内容に最も近いカテゴリをメインカテゴリに設定し、その他に該当するカテゴリがある場合は追加カテゴリとして登録しましょう。

写真を更新する

Googleマイビジネスでは、オーナー自身が選んだ写真の投稿・更新をするのがおすすめです。Googleマップやローカル検索では登録された写真がランダム表示されますが、オーナーが投稿した写真が優先的に表示されることが多い傾向があります。そのため、自分自身で選んだ質の高い写真を積極的に投稿・更新しておけば、ユーザーの目に留まりやすくなるはずです。

投稿する写真は店舗やサービスの魅力がきちんと伝わるもの、かつ現状とかけ離れすぎたものではない写真を選定しましょう。

ユーザーの口コミや評価を集める

ローカル検索結果で表示される店舗情報は、「食べログ」や「トリップアドバイザー」など他サイトの口コミや評価と連動しているという特徴があります。つまり、他サイトでの評価を高めることも評価を上げるために大事というわけです。

口コミでの評価を高めるためには、口コミを集めるための仕組みを作っておくべきでしょう。来店したユーザー向けに口コミ投稿を促すチラシを作成したり、料金割引などのサービスを実施したりするのも効果的です。

ユーザーとのコミュニケーションを図る

他サイトでの評価に加え、Googleマイビジネスではユーザーの口コミや評価も直接投稿されます。これらのユーザーの口コミに対してすぐに返信をすることも、店舗側の丁寧さやサービスの手厚さをアピールできます。悪い口コミに対しても真摯に対応すれば、ユーザーの印象も良くなりやすいでしょう。

まとめ

実店舗への来店やサービス利用を促すための施策として、ローカル検索での上位表示を狙えるMEOは効果的です。Googleマイビジネスの内容を充実させ、口コミの評価を増やしたりユーザーとのコミュニケーションを図ったりすることで、商品やサービスの評価を上げる期待ができるでしょう。