ご依頼・ご相談はこちら
社内システム

オンライン面接用のおすすめツール3選。特徴と注意点

新型コロナウイルスの流行により、移動の自粛が行われてきました。自粛期間の解除となった後も、できるだけ移動を控えるという人も多いでしょう。しかし、人材募集を行っている企業としては、採用活動は進めたいもの。そこで便利なのが、オンライン面接ツールです。

今回は、求職者がどこにいても面接を実施できるオンライン面接ツールの特徴や注意点を、おすすめツールとともに紹介します。

オンライン面接ツールを使用する目的とは

求職者がどこにいても、面接が実施できるオンライン面接ツールを利用する目的として、主に以下の2点が挙げられます。

面接コスト削減

面接を実施するには、場合によっては自社内ではなく地方など他所で行うケースがありますが、その際、人事担当者の移動費用などのコストが余計にかかることも考えられます。さらに、移動にかかる時間的コストもかかるでしょう。

しかしオンライン面接ツールを使用すれば、人事担当者が他所へ移動する必要がなく、移動費用・時間の削減につなげられます。同時に、面接そのものにかかる時間の短縮も可能です。

より多くの求職者と面接を実施するため

面接にコストがかかるのは、企業側だけに限らず求職者も同様です。遠方での面接は移動のコストが高くなるため、特に地方の求職者が敬遠してしまうこともあるでしょう。

しかし、オンライン面接ツールを使用していれば、居住地にかかわらず面接が実施できるので、遠方の求職者も面接がしやすくなります。移動コストで応募を敬遠することも少なくなるため、企業側にとってもより多くの求職者との面接の機会が得られるでしょう。

オンライン面接ツールの選び方

オンライン面接ツールを探してみると、多くのサービスが見つかります。その中から自社に適したツールを選ぶためには、選定ポイントと注意点を押さえておきましょう。

オンライン面接ツールを選ぶポイント

オンライン面接を実現するツールは、有料・無料に限らず多数のシステムが存在します。その中から、自社の面接に最適なツールを選びためには、いくつかのポイントを確認しておきましょう。

オンライン面接ツールは、ブラウザでそのまま利用できるタイプ、またはアプリをインストールするタイプがあります。どちらが自社に適しているのか、ツールのタイプを決めておくべきです。

また、ツールのみで面接日程や応募者情報を管理できるものもあります。ツールのみで、すべての面接スケジュールや情報を管理するかどうか、カレンダーと連携できるかどうかもチェックしておきましょう。

そして、カメラを使用したオンライン面接では、面接の様子を録画できる場合もあります。録画をして選考に使用する場合は、録画機能の有無もチェックポイントです。

注意点

オンライン面接ツールは、インターネット回線経由でカメラとマイクを使用します。ネット回線が安定していないと、画像や音声の乱れにつながり、スムーズに面接を進められなくなることもあるでしょう。

そのため、十分な回線速度があるか、自社のパソコンやヘッドセットがきちんと動作するかは、オンライン面接ツールを使用する前に必ず確認しておきたいポイントです。

面接時は、場合によっては別の場所で使用することも考えられます。その場所でネット回線が安定しているかどうかも、チェックしておきましょう。

おすすめのオンライン面接ツール3選

さまざまな種類が提供されているオンライン面接ツールの中でも、おすすめのサービスとして3種類を紹介します。

応募者は登録不要「Biograph」

「Biograph」は、面接を実施する企業側がアカウントを作成するだけで使用できるツールです。求職者はアカウント登録やアプリのダウンロードをすることなくオンライン面接ができるので、事前の面倒な手続きやプライバシーを気にする必要がないメリットがあります。

パソコンはもちろん、スマートフォンからの利用にも対応。面接時間や面接結果などの管理機能のほか、録画機能もオプションとして利用可能です。求人情報サイト「Workin.jp(ワーキン)」との連携機能もあり、ワーキンに求人情報を掲載している場合はスムーズに利用できるでしょう。

Web面接に特化「インタビューメーカー」

クラウド型オンライン面接ツール「インタビューメーカー」は、Web面接に特化しており、Webでの面接実施や面接内容の評価、動画選考などがすべてWebのみで実施できます。

面接スケジュールは、Googleカレンダーなどの外部カレンダーとの同期が可能です。面接日程の調整も容易になるほか、面接日程の調整が難しい求職者向けに録画した動画で選考ができる「動画選考」機能も用意されています。

データはすべてクラウドに蓄積されるため、選考書類や面接評価などもすべて一元管理が可能。複数の求人媒体に求人情報を登録している場合でも、各媒体の情報を取り込んでまとめて把握・管理もできます。

設問登録も可能「HARUTAKA」

「HARUTAKA」も、クラウド型のオンライン面接ツールです。こちらのツールは、ライブ面接機能をはじめとして、求職者とスマホで利用可能のチャット機能でやり取りできるので、連絡が取りやすい特徴があります。

また、求職者への質問を登録できる「設問登録」機能で、自由に質問を作成する設定が可能です。候補者管理や採用プロセスを分析できる機能も使用でき、採用効率アップに役立つでしょう。

まとめ

オンライン面接ツールは、求職者がどこにいても面接が実施できる点が大きなメリットです。その他にも、さまざまな機能が利用できるので、採用コストの削減や採用管理の利便性アップにつなげられます。

企業側にも求職者側にもメリットが多いオンライン面接ツールを導入し、採用活動を実施してみましょう。